夜ワイファイ使えない原因は寒気による凍結。

ソフトバンク光にして半年が経ちました。症状としては夜8時から朝8時までソフトバンク光からレンタルしている無線LANルーターの警告(黄色)ランプが点滅してインターネットが使えない。またその間ONU装置の認証ランプが点かない。

 

はじめ僕は混雑が原因だと思っていたのですが現在ソフトバンク光からレンタルしている無線LANルーターは混雑を回避するためのIPv6対応のルーターなので原因はそこではない、とサポートセンターに言われました。

 

ちなみに僕は実際にスマホ無線LANルーターの中に入って調べましたところ確かにIPv6の設定がされていてなおかつ無線LANルーターにはIDとパスワードを設定するところがありません。なのでそこはいじるところがなく原因はNTTの回線にある、と言われました。

 

それでNTTの作業員に来てもらったところ原因は寒さによる凍結での接触不良と言われました。アパートの外に設置してある回線装置の中でノリのようなもので接続してある回線を新しい接続方法であるガラスを使用したものに変える作業をしてもらいました。

 

そうしたら見事に夜もインターネットが使えるように。ちなみに作業員に来てもらう費用は原因がこちらになければ無償です。当たり前ですが。

 

僕は疑問に思ったので

 

「たとえば東北地方や北海道のような寒いところに住んでいる人たちはインターネット、どうしているのですか」

 

と作業員に聞いたところ、

 

「そういった地方ではそもそも光回線が普及していない」と言っていましたね。

 

僕は寒さによる凍結でそういう現象が起こることを知らなかったので一つ学びました。

 

もし他に原因がなさそうでインターネットの調子が悪いという人は季節が冬であることが原因の一つです。

 

サポートセンターに電話して作業員に来てもらいましょう。

 

またソフトバンク光は、こないだ携帯回線の方で大規模な障害が起こったせいか、僕がサポートセンターへの電話でしきりに、困るんですけど、と申し立てたら

 

今後の通信料金から毎月千円の割引の適用をいたします、ご不便をおかけしたので。

と言ってくれてお得になりました。

 

まあ実際には夜の間にワイファイを使えなかったので追加のデータ料金をワイモバイルのスマホで払っていたので

 

トントンくらいになっただけですが。

 

というわけで長くなりましたが、

 

あなたのインターネットが使えない原因は寒さによる凍結かも。が結論です。