僕はギャンブルをやらない。

結婚と就職がギャンブルの時代になりました。

 

離婚率の高さ、ブラック企業の増加などでもはやこれは統合失調症患者にとってはより当たり前のことなのかもしれません。

 

結婚のメリットは高齢になってから感じられるもののような気がします。孤独死の確率が下がります。

 

就職のメリットは定額の高収入ですね。

個人で何か生産性をあげるより人によってはそっちの方が楽です。

 

僕はざっとですが人間らしく、それも割と強度に人間らしく過ごすために必要なお金を算出してみようと思いました。

まあ備忘録のようなものです。

 

①タバコ→二万

②教養と娯楽→千五百

③飲食→一万

④通信費→一万

⑤光熱費含めた家賃→五万

 

全部たすと九万千五百円。

 

ポイントをあげると

生活保護及び障害者手帳でいろいろ減免になって大体⑤に関しては統合失調症の人はこれくらい。

 

で①はタバコが病状に効くことと抗精神病薬に浄化作用があることで、統合失調症の人は二万円くらいタバコ代使うと思います。

 

②と④が最大のポイントです。

固定のネット回線とamazonプライムkindleアンリミテッド。これは最強の組み合わせです。時間だけあればどんなに優れものかもうわかりますね。

 

③が実は一番悩ましいのです。

一万と書きましたが使っているときは

もっと使っている。一万は理想。

 

で今日から僕はサッカー体操みたいなことを始めました。公園でボールを使って身体を動かします。運動代はゼロ円です。

 

これが僕が考えられうる現時点での、

「文化的な最低限度の生活」です。

 

ちなみに性欲は④に含まれています。

 

コミュニケーションはフランクなやつだと母と姉と甥と姪。

 

緊張感を伴うやつだと仕事で行う取材と編集長。

 

友人や恋人がいないのが寂しいですね。

 

友人はフェイスブック。恋は空想や想像。

 

でも悪くない気がします。