35歳。

正確にはまだ35歳ではないのですが、あと数日。何事も前倒しで生きているので、これも早目に記しておきます。

 

35歳っていうのは僕は素晴らしい歳だと思っている。もう狭義の若年層ではないのだ。以下、もう取らないであろう僕なりの行動を記しておく。

 

ひとつ目にファッションアイテムの衝動買い。これは、なんで僕が服や靴や鞄をこれまでアホみたいに買っていたかというと、買い物が官能的である、という体験を無意識のうちにしてみたかったのだろうと思っています。でももう卒業ですね。無駄に服に使っていたお金を僕は煙草代にします。なんせニコチンが統合失調症患者には有効であることが科学的に証明されているみたいなので。僕は煙草を発症してからの10年間で吸わなかった日が1日たりともありません。同時に薬を欠かした日も1日たりともありません。煙草と薬で再発が10年間ただの一度もないのです。

 

2つ目に風俗です。これは不思議なことといえば不思議なのですが僕はファッションアイテムをアホみたいに買っていたのと並行して髪型もコロコロ変えていたのです。でも坊主頭にしてからはもう坊主で固定になり、眼鏡をかける日もありますが基本的にコンタクトレンズを使用すると性欲が嘘のように半減しました。不思議ですね。アイデンティティが形成されにくい統合失調症患者ですが今僕はプロの記者として仕事をしていることがその固定をより強固なものにしたのだと思います。風俗依存症が完全に治りました。

 

3つ目に犬です。僕は犬を5年間かいました。僕は35歳の誕生日に犬を信頼の置ける友人に譲渡します。これが一番悩んだところです。犬を飼い続ける生活が夢をもたらしてくれたとずっと思っていたからです。ただ、今はこんな解釈をしています。僕の俗物性を苦労して犬を飼うことで減らしていく努力をして、文章を磨くという目論見は間違っていなかったのですが、もし、犬がこんな生活保護で借り上げた狭いアパートで過ごすよりも快適な場所で飼われ、またその飼ってくれる友人もちょうど犬が飼いたかったところだったとすると僕には犬を手放さない理由はない、と思ったのですね。要するに他にまぬがれる道を把握した上でのその苦労って真の苦労じゃないのですよ。まあでも情はあるので僕は犬にこう言っておいてあります。

 

「もし僕がもっとbigになってもっと他人に伝わる形で文筆で成功したら、また会いに行くよ」と。

 

例え譲渡だとしても、僕が仮になんらかの形でもっと社会に影響を与えられるデビューをしたらその友人も、飼い主がどっちつかずになって困る事情があっても、会わせてくれるのではないかと思います。

 

これが僕の近況で、付け加えるとしたら借金が50万円あっていまだに生活保護だというところです。

 

経済的に一発を狙う生き方をしています。生活保護で隠れ蓑にして、今の仕事で実績を積んで、いつか相応しい形の物書きとして認められ、犬に会いに行くことができたら幸せですね。

 

35歳はやっぱり素晴らしい節目なのです。