がんばれないひと。

統合失調症歴10年。35歳男の雑記です。地元のフリーペーパーの記者をやっています。

イケメンに変身したら性欲が半減する。

要は無駄な性欲がなくなるってことですね。

 

僕が抱えていた葛藤は次のようなものです。

 

まずはじめに太っていることのメリット。同じようなデブにも優しい視線。どうせ自分は眼中に入っていないという認識から異性を過度に意識しない。少々の体重増減や見た目の衰えに過敏にならない。

 

逆に太っていることのデメリット。醜い自分を意識して尚且つ他人の美にも寛容だから、とにかく風俗に行きたくなる。持ってる服が似合わなくなる。動きにくい。

 

もう一つ今度は痩せていることのメリット。大概の女性に対するコンプレックスがなくなる。友達と会うときにコンプレックスのなさから快適な時間を過ごせる。胃が小さくなるから食べ物をそんなに欲しなくなって経済的。

 

逆に痩せていることのデメリット。自分はイケているというミーハーな自意識が芽生える。ミーハーな自意識によって、書く文章、つまり仕事にも悪い影響が出そうな気がしてしまう。

 

こんな感じでしょうか。

 

で、僕が目をつけたのは、太っていることのデメリットの方の、とにかく女なら誰でも良いと風俗に行きたくなる、です。

 

これは僕個人としてはもう風俗に行きたくないのでなんとかしなければならない。

 

そこで痩せてイケメンになるというのは本当に効果的なのを実感しています。前の風俗依存脱却の方法の記事にも書いたのですが、

 

究極的には、レオナルドダビンチが描いたモナリザにしか欲情しない、みたいになれば最強なのです。

 

それはまあフィクションですが、

 

そこを目標とする。

 

で、あと気になるのは痩せていることのデメリットに書いたように、

 

ミーハーになりはしないか、というものがあります。ここでいうミーハーとは、自分が容姿としていけているという自己認識のことです。

 

統合失調症患者は、特に僕は、自意識過剰なので外見に性格が影響されますからね。

 

で、今のところ、ミーハーになって仕事ができなさそうな気がする、という曖昧な感じなのですね。

 

絶対にできないわけではないのであれば、

 

風俗をカットできるので、

 

痩せている方がいいに決まっています。

 

やっぱりそうなんですよ。

 

例えばテリー伊藤みたいに、服の保管用に部屋みたいなのがあって、ファッショニスタになれば、無駄な性欲がなくなります。

 

まあ僕は貧乏だからテリー伊藤みたいなことはできないけど、

 

イケメンになるのは誰でもできると思います。

 

歳をとると高校球児が全員カッコよく見えるくらいのあの感覚レベルですが。