がんばれないひと。

統合失調症歴10年。34歳男の雑記です。3年後までに文筆で成功し、犬とともにアメリカ移住を目標にしています。地元のフリーペーパーの記者をやっています。

アマゾンはそんなに便利じゃない。

なんでそんなことを書いたかと言うと、

 

本来、考えられうる最も便利な買い物ってドラえもんの秘密道具だと思うんですよ。

 

つまり、"近場にある店にネットで見た商品がリアルタイムであって持って帰れる"

 

これが最強なんです。

 

現代社会は、というか僕なんかはその日の予定変更なんてざらにありますから、

 

何日に家にいなければいけないっていうのは苦痛なんですね。

 

コンビニで受け取れるにしても、

 

何時にコンビニで受け取れるかわからないところに不便さを感じます。

 

有料オプションで、時間指定はできますが、それだとマーケットにある商品より高く買うことになる。

 

だから近場の店に行ったらあって買えて持って帰れる、が理想なわけです。

 

で、それを実現する方法はアマゾンが実店舗も構えることですね。

 

僕は浅学でこういうことが本当にわからないのですが、

 

このご時世、再配達も含めた配送車の人件費って半端ないと思うんですよ。

 

またそれ以前に、環境のこととか渋滞のことを考えると、何かを配達している車が増えるのは、社会にメリットがないと思うんです。

 

そういったことを諸々考えると、

 

アマゾンってそんなに素晴らしい会社じゃないんですね。

 

なんでも売ってる実店舗っていうのがキーワードだと思うのですが、

 

ここではその理想案を出すに留めておきます。

 

一つ思うのは、これは可能だと思うのですが、

 

今その店にある全商品がネットで見られる、というのはできるんじゃないかと。

 

在庫管理とか棚卸しを、全部ハイテクツールに打ち込めば可能です。

 

僕の最寄りのスーパーには、日曜生活品とか服まで売ってるんですが、

 

店に行かなくてもネットでそれがあるなと認識できて、

 

実際に行って買うことができたら、

 

もっとお客さんが増えると思うんですよね。

 

僕は有料オプション付けずに、

 

何時に来るかわからないアマゾンの荷物を待っているんですが、

 

正直、ネットでは物を極力買いたくありません。

 

ミニマリストなので重厚長大なものは嫌うからネットで買う理由がないし、

 

アマゾンのアカウントは削除して、

 

どんな商品があって、いくらぐらいの値段かどうかを調べるツールとしてだけ使うのが理想です。

 

本とか映画にしてもデジタルではなく現物であった方が後に売れますしね。

 

というようなアナログ思考をした一日でしたが、

 

要は時間があってお金がない人にとってはネットで買い物は逆に不便なこともあるというお話です。

 

※コンビニ受け取りは、無料で、

コンビニに荷物が到着したことを

メールで知らせてもらえるみたいですね。次からこの方法にしようと思います。