がんばれないひと。

統合失調症歴10年。35歳男の雑記です。地元のフリーペーパーの記者をやっています。

外見だけはどんなに人を馬鹿にしてもいい。

メンタルを強くする際に、人を見下して生きていると自然と自信が生まれ強いメンタルを持てると言われます。

 

ただこの方法には問題があります。

傲慢になりはしないか、というものです。

 

それをも全てコントロールしてやれる自信のある人はいいですが、なかなかそうはいきません。

 

頭の良さをはかる尺度が人によって異なるため、コイツは馬鹿だアイツも馬鹿だとなっていくと最終的に自分が一番馬鹿だとなるのがオチです。

 

人間の世界は多様性ですからね。

 

自分が一番頭がいいという認識は、誇大妄想にもなります。

 

統合失調症でもまま見られる症状です。

 

そこでたったひとつだけ、この方法ならたとえそれが誇大妄想でも、自分に自信が生まれ、社会に役に立つ、人を馬鹿にする要素があります。

 

それは容姿です。

 

でも待ってください。そう定義すると、やれイジメ問題だのなんだの出す人がいますね。

 

でもそのイジメ問題に過敏になる人ほど、俗物だということに気づいていますでしょうか。

 

というのはイジメというのは子供の世界です、基本的に。

 

子供の世界は、残酷なことが起きるのが常です。子供なので。イジメに関しては専門家でなければ、包括的な答えは出ないでしょう。

 

しかし子供の世界を卒業して大人の世界でアイツ不細工だとかチビだとかデブだとか人に言ったり言われて傷つく人っていますでしょうか。

 

それはもしいた場合、言った方も含め双方が淘汰されます。そんな瑣末なことに囚われていたら家賃も電気代も払えません。

 

外見より大事なことは山ほどあります。

 

ただ外見で相手を見下すのは、ひとつのそれはそれでユーモアを含んだアティチュードなのです。表現手段なのです。

 

僕はいまだにかつての人気ロックバンド、ブランキージェットシティーのMVをユーチューブとかで見ます。いい大人が、「俺たちが一番かっこいいだろ?」といわんばかりの演奏とルックスです。

 

でも大人があのスタイルをみて、本気でコイツらかっこいいなぁと憧れたりすることはまずありません。ああ、こういうビジュアルと曲調の戦略で、人気が出たんだね、という売れた理由などを分析することはあっても、俺たちが一番かっこいいを真に受けません。そこにあるのは純粋に文化的なユーモアの要素です。

 

それと同じような構図で自分の容姿が一番かっこいいと、それこそ誇大妄想するのは、自分も気分がいいし、まわりもそういうアティチュードを面白いと思うわけですから、別に口に出す必要はないですが、全員が全員そう思えばいいのです。

 

大人の世界に外見の正解はありません。

正解があると思っている人はもれなく全員ジャニーズが一番かっこいいと思うような俗物なだけです。

 

容姿というのは神様がくれた平等です。それには気がついた方がいい。