がんばれないひと。

統合失調症歴9年。34歳男の雑記です。統合失調症の能力を示すのが目的です。

充電できない充電ケーブル。

よく純正のケーブルでないと

 

スマホはダメと言われますが、

 

僕はあれ、信じていなかったんですね。

 

昔、パソコンを半自作したときに例えばCPUのところでメーカーの保証がないと言われるものでも、動いた記憶があってとにかくパソコンや周辺機器に関して、純正と名のつくものは排していました。

 

プリンターのインクとかもね。

だって純正ってすごい高いじゃないですか。

 

それで、サードパーティ製であっても大概大丈夫、と思って、iPhoneとディグノケータイを所有しているんですが、

 

その充電ケーブルを、ドンキの電源差込口が一つでアンドロイドもiPhoneも充電できるスッキリできるケーブルに変えたのです。

 

はじめのうちはちゃんと充電できたんですよ。

 

だから純正のケーブルを不要と思って捨てたんです。

 

ところが、2カ月くらい経ってまずiPhoneが充電できなくなり、次にディグノケータイが充電できなくなりました。

 

iPhoneの方は、純正ではないけれど、

 

アップル公認と謳ってあるものにしたら再び充電できるようになりました。

 

問題はアンドロイドのディグノケータイの方です。

 

アップルみたいに公認、みたいなのがないんですよ。

 

ディグノケータイは僕が使っているやつはワイモバイルのものなので、

 

ワイモバイルの店で買ったものは大丈夫という認識は正しいです。

 

ただお金がかかる。

 

そこで結論、

 

ディグノケータイの方は、

 

電源差込口とUSBケーブルが別れていないやつ、

 

限りなく純正のものに近い形状のものだと充電できました。

 

これは、ジェイソンで買いました。

 

ダメだったのは、

 

iPhoneや普通にドンキで売ってる電源の差込口単体のやつにアンドロイドのUSBケーブルを差して使う方法です。

 

なぜダメだったのかはよくわかりません。パソコンやパソコンの周辺機器とはスマホの世界は違うのかもしれません。

 

とにかく、学んだことは

 

スマホまわりに限っては、純正のものは

大事にした方がいい、というものです。

 

ドンキなんか行くと便利そうなケーブルがたくさん安く売っているんですよ。

 

そもそも僕はケーブルがごちゃごちゃするのが嫌いで、ケーブルを変えたのですが、今はスマホの無線充電器って売ってますね。

 

すごく便利そうですよね。

 

でも、ちゃんと充電できそうかは、よく調べた方がいいです。