がんばれないひと。

統合失調症歴9年。34歳男の雑記です。統合失調症の能力を示すのが目的です。

phaさんと僕。

phaさんにはシンパシーを感じていた。

phaさんがニートの歩き方を出した34歳がちょうど僕の今の年齢だ。

 

phaさんと僕には共通点があるが違うところもある。いかに羅列してみようと思う。

 

・京大と名大

・サラリーマン時代の貯金が四百万は一緒。その後のニートで貯金を使い果たしたのも一緒

・自発的ニートと療養ニート

・文筆稼業にこだわる

・猫と犬

・ネット好き

・鋼のメンタルより創造性を信じる

 

などなど。もちろん言うまでもなくphaさんの方が成功しています。今はWikipediaに作家として載っています。

 

他にも決定的な違いがあって、

 

phaさんは旅先でも牛丼を食べることに美徳を見出しているが、僕は旅先など新しいところに行ったらその土地柄のものを食べたいという好奇心くらいはある、です。

 

phaさんは高学歴ニートという売り出しでネット、主にツイッターとかはてなで頭角を現して、僕の歳のころにはすでに本を出していた。

 

僕は今月に生まれて初めて原稿料の五千円をもらう、という段階なので僕はphaさんの後ろからいつも追いかけている状態だ。

 

僕はphaさんと一回だけメールのやり取りをしたことがある。

 

ブログをいつも楽しく読んでいます、phaさんの描く緩い世界が現実の社会に影響を与えて、僕のような病人にも生きやすいようになったらいいなと思っています、ギーク活動の仲間に参加できたら嬉しいです

 

みたいなメールを送ったら、

 

今はちょっとギーク活動はしていなくて、

 

というような返事でした。

 

phaさんはこれからの価値経済の仕組みのなかで

 

より輝いて行くだろうと思う。

 

僕は35歳になったら、

 

文筆稼業をもっと今より充実させて、

何回か大手フリーペーパーに記事を載せたという実績で、phaさんのような

仕事ぶりを発揮したいと思っている。

 

それがどのような形になるかはわからない。本を出すのは無理かもしれない。それでも時間がかかってももうちょっと成功したい。

 

phaさんは病人じゃなくてニートの友達もたくさんいて、有名人の知り合いもいる。

 

僕はたまにphaさんを羨ましく見ているときがある。

 

僕はphaさんとは違うから、

 

真似はできないけど、

 

たしかに今の僕に影響を与えてくれた。

 

思えば僕は発症したとき、友達に35歳からちゃんと稼ぐよ、と言っていたのをすごくよく覚えている。

 

9年前の話だ。その友達は、遅すぎない?と言った。特にそれは意識してこなかったけれど気がついたら、半年後に35歳が迫っている。