がんばれないひと。

統合失調症歴9年。34歳男の雑記です。統合失調症の能力を示すのが目的です。

手巻きタバコはメリットが二つある。

金銭苦なんでね。

もうタバコは最安値のゴールデンバットですよ。でもこれもあくまでもどこか外に出るときだけ携帯。

 

普段は手巻きタバコを自宅で吸っている。

 

手巻きタバコって巻くのが面倒とかいう人がいるがそれはその通りなのでふつうだったらノーマルなタバコを買えばいいんですが、

 

僕みたいに際限なく吸ってしまうストレスに弱い人間には手巻きタバコはその巻くのが面倒臭いというのがメリットにもなっている。

 

というのはチェーンスモーク的なのができないわけですから。

 

チェーンスモークってどう考えても僕の場合いいことないんです。

 

よく物書きがチェーンスモークする場面が映画とかでありますが、

 

昔の文士ならともかく

 

現代はキーボード叩いたりそんなにその書く場所を汚せないという人もいるんじゃないかと思うんですね。

 

僕の場合、そもそも片手にタバコを持ったままだと集中しづらいというのがあって、それは一つにはずっとわかばを吸ってきて若葉って煙の量が多いんですよ。

 

つまりくわえタバコなどしようものならば目に煙が入ってしみてしょうがない。

 

それに本を読むときとか煙はない方がどんどん読める。

 

で、一区切りしたいなあってときに手巻きタバコだとつくる手間があるので、さあ今から一服するぞっていうのがセルフメイドなぶん、一服にも丁寧な時間を過ごせるんですね。

 

これがノーマルのタバコだとまるで水道水とか空気とか吸うみたいに吸ってしまうのが僕にとってはデメリットでしょうがなかった。

 

でメリットの二つ目は、これはけっこう大きいと思うのですが、うまいんですよ。

 

よくマッチ擦ってつけたタバコはおいしいというけれど、

 

ああいう感じのうまさがあります。

 

僕はフィルターなしで紙だけ巻いて吸っているんですが

 

吸っている時間とかは短くてもひとすいひとすいに味わいがあります。

 

これは結構、画期的でそんな何服もしなくてもとにかく質にこだわりたい場合、手巻きタバコはひとつの手ですよ。

 

また金銭的にもノーマルのタバコを吸う場合よりも安くしあがります。

 

でもまあ外では風が強かったりすると巻けないし、なんか変なもの吸おうとしている目でみられたくないし、巻いている光景とか人にみられたくないんで、外多目の日はゴールデンバットですね。

 

ヨーロッパってタバコが高くてみんな禁煙しているんだろうなあ偉いなあしんどそうだなあとか思っていたんですが、

 

最近フランスに住んでいる知り合いから手巻きタバコをみんな吸っていると情報を得ました。なるほどです。

 

僕はドンキホーテで手巻きタバコを買っています。

 

引き続き節約節制です。