がんばれないひと。

統合失調症歴9年。34歳男の雑記です。統合失調症の能力を示すのが目的です。

風俗依存から抜け出す方法。

風俗って楽しいですよね。

 

男としてその気持ちすごいわかるんです。

 

僕も依存でしたから。

 

でももう利用していません。

 

お金があったら行くかと言われても

行かないと思います。

 

その理由は彼女ができたからではありません。

 

風俗依存から抜け出す方法はたったひとつ。

 

男としての容姿にじぶんが磨きをかけることです。

 

べつに男としての容姿じゃなくてもいいかもしれません。ちょっとすぐには実行できないかもしれないですが、この方法はだれにでもできます。以下に述べていきます。

 

まず風俗になぜ行きたくなるかというその理由を突き詰めましょう。

 

そりゃあみんなわかっていますよね。

 

女の子と肌を合わせたいからですね。

 

それも時間をかけずにすぐにそうしたい。

 

僕は何もそのこと自体に疑問をもったりはしません。

 

風俗ってたしかに効率的なのです。

お金を払えばすぐに解消できる欲が

ある。

 

まえにどこかのサイトで風俗依存から

脱する方法として、オナニー貯金をするみたいなのがありました。

 

自由にオナニーをするのではなく、

オナニーを一度したら取り出せない貯金箱に五百円入れていくというもの。

 

これはなるほどです。

 

でも僕はこれは初心者には敷居が高いんじゃないかと思いました。

 

たしかに風俗ではなくオナニーにしてなおかつオナニーに課金をすれば、

 

欲望のコントロール術には長けるでしょう。

 

ただ繰り返しますがその方法は敷居が高い。

 

それができるならば風俗依存にはなっても自力で抜け出せる人が多いと思います。

 

では男に磨きをかける、というのはどういうことか。

 

風俗って要はちょっと若くてちょっとかわいい感じだったら誰でもいいっていう男の心理がありますよね。

 

ひとつにはあのストライクゾーンの幅を非常に狭めるというのは依存脱却の方法として有効なのです。

 

どの女もたいがい不美人だと思うようになるとじぶんにこだわりができますね。

 

でそこでポイントなのですが、

 

じぶんがそれ相応にかっこよくなければいけません。鏡にうつった姿にそう思えなければ、これは主観でもいいと思うのですが、誰でもいいやという嗜好になりがちです。

 

ここでいうかっこいいというのは

なにもイケメンに整形するとかそういうのではありません。

 

僕はファッションとか美容とか見た目に関してはイケメンだとかはあんまり関係ないと思っています。

 

たとえばジャニーズ。ジャニーズにいるタレントっておしゃれでしょうか。

 

僕にはあんまりそうは思えません。

 

顔はたしかに若い女の子にうけるかもしれない。

 

でも髪型にしてもしゃべり方にしてもしゃべっている内容にしても愛用している服にしても、

 

全部なにも世の中のことをほとんど知らないミーハーな女の子にだけうけるというようなものに僕にはうつります。

 

よく考えてみたらそれはそうなのです。

当たり前の話です。

 

なぜなら彼らはテレビで売っているタレントだからです。

 

どうしても容姿が視聴者の最大公約数的なものになる。

 

そこでなのです。

 

幸い、北朝鮮に住んでいるわけでもない日本人は、どんな容姿でいようと処刑はされませんよね。

 

そこに活路があるんです。

 

話を戻すと、

 

このおしゃれというか容姿に最大公約数的なものを求めずになるべく多くの人からかっこいいと言ってもらえるものを目指す。

 

これは時間がかかるかもしれませんが、

 

どこかでブレイクスルーが起こる確実で堅実な方法なのです。

 

一番わかりやすい例が、作家であり芸人の又吉ではないでしょうか。

 

彼にはすごくこだわりがあるように思えます。

 

決してイケメンというわけでもないのにじぶんがもっている個性をさらけ出してそれが受け入れられていますよね、広く。

 

又吉が風俗依存だとはとても思えないのは、女性に対しての欲よりも、

 

じぶんの中でつくりあげていくいわば見た目の創造性みたいなのの方に快感を見出しているように思えるからなのです。

 

又吉って背が低いです。顔だってそこまでイケメンじゃない。

 

でもああなれるので、誰でも本当はじぶんにだけ合うスタイルっていうのはあると思うんですよね。

 

で、その個性を持つ、そしてその受け入れられた個性にプライドを持つ。

 

これが揃うと風俗よりも重視する快感って出てくるものなのです。

 

だから僕は元依存者としてこういった方法をここでは残します。

 

それはたとえば一万円の風俗に行くお金を、一回ぜんぶじぶんの容姿を磨くためにあててみる、というものです。

 

それはなにもメンズエステとかそういう高いところではなく、

 

ごくごくみじかな些細なところでいいと思います。

 

いつもと違うアイテムにチャレンジしてみる。流行りの髪型じゃない髪をオーダーしてみる。個性的な映画俳優の作品を観てみる。などなど。

 

最初はまわりには不評でも、

 

世界は広いですからね。

 

いろんな美の形を知っている人はどこかで必ずあなたのその個性を認める人はいますよ。

 

そういったところに矜持を持つと、

 

誰でもいいから抜いてもらおう、ではなく、

 

片思いでもいいから恋愛の方に快感を見出せるようになります。これは経験者の僕が言うのでほんとうです。

 

それに、はっきり言いますが、

 

風俗嬢よりもやっぱり一般にいる女性の方が容姿に磨きをかけているどりょくがある分、スレていないというかそういうのあるじゃないですか。

 

でも、これも繰り返しますが、べつに風俗依存から抜け出したくないという人はそのままでいいと思います。

 

それでまわっている経済もありますから、それはそれでだれも文句言いませんし、男として活力を取り戻す方法が風俗が一番なのであればだれもそれに口出しできるものではありません。

 

もし脱却したいなら、という人には僕が上に述べた方法はおそらく風俗にいかない人はみんな言葉に出さないだけでみんな無意識にとっている方法で有効です。