がんばれないひと。

統合失調症歴9年。34歳男の雑記です。統合失調症の能力を示すのが目的です。

準ミニマリストに適した財布。

f:id:risrpd:20171114115731j:image

 

f:id:risrpd:20171114115724j:image

 

僕は完全なミリマリストではないんですね。不要なものもあるっちゃあるんです。

 

でも読んだことはないけれどフランス人は10着しか服を持たないみたいな本とかあるじゃないですか。

 

ああいう志向は好きなんですね。

 

シンプルイズザベスト、と完全には僕は思っていないところがあって

 

それはまだ僕の歳で生き方スタイルを固定するのはよくないかな、と思っていたところがあるからなんです。

 

有名な話で立花隆が整理整頓の極意みたいな本が流行っていたときにその説を一刀両断したのを知っていますか。

 

あれはそのとおりで要は知識を売り物にしてそうですね文章なんか書いている人にとっては部屋は雑然としているものなんです。

 

きれーいにピシッとした独房みたいな部屋で面白いコンテンツを出す人って僕は見知ったことがありません。

 

文豪の書斎は大体本とかで雑然としているものだし、一流の学者がいる、たまにテレビとかでコメントするような学者なんかで仕事部屋が整いまくっているなんてことはほとんどないですね。

 

あれは要はどこにものがあるかは自分の中では把握していて自分が生み出す本、作品にだけ価値を置いているので、逆に綺麗にすると落ち着かないものなのかもしれません。

 

一流の人の頭のなかはたいてい雑然とした知識があってそれを組み合わせて文章にしているように、仕事場も雑然としている。

 

ところがミニマリストというのは禅の思想にもつながるところがあって、つまりそのいる空間自体に上であげた一流の人でいうところの作品みたいな価値を置いているところがある。

 

単純に気持ちがふつうの人の場合、落ち着くと思うんですね。雑然としている部屋よりもすっきりした部屋の方が。

 

掃除もそっちの方がしやすいわけですし。

 

イケダハヤトが言っていたんですが、

ミニマルなしこうがはやるのは都会の狭いスペースでみんな生活しているからなだけである、と言っていました。

 

要は広い、それこそ田舎ではコレクターというかものをいろいろ置く人が増えるというんですね。

 

まあ僕に関して言えば、僕は物ってあんまり愛着がわかないんですよ。

 

それはおそらく思い出とかに代表されるような目に見えないものの価値に価値を置いているからかもしれません。

 

星の王子様ではないですけれどね。

 

実家にいたときにあまりにものがたくさんありすぎてその反動かもしれません。

 

で、本題なんですが、そういうミニマルなしこうもありつつ、完全にはミニマルになりきっていない僕がおすすめする財布ってこの写真にあげた財布の形なんです。

 

僕は財布選びに結構失敗を繰り返しています。

 

長財布だったり二つ折の財布を何回かいろんな形のものを試してみましたが、

 

どれも長持ちしませんでした。

 

お尻のポケットにいれるのを前提としていたからかもしれません。

 

いろいろカードが入るものだからなんでもかんでも突っ込んでしまってパンパンになった財布を尻ポケットにいれるのはあんまりスマートじゃないですよね。

 

なくしたら一貫の終わりみたいなところもあります。

 

そこで僕はこのちっこい前ポケットに入る大きさの財布に半年前くらいに変えてみたんです。

 

この財布に入っているのは保険証とデビットカードとキャッシュカードと現金くらいです。

 

このお財布の素晴らしいところは前ポケットに入るから落としたりすられたりする可能性がほぼゼロです。

 

問題はお札を折らないと入らないところなんですが、僕も長財布を使っていたときよくミーハーにお札を折らずに使える長財布は金持ちが愛用する財布みたいな情報に踊らされていたものです。

 

これはたしかにそういうデータがあって裕福な人ほど長財布を使っているみたいなんですよね。

 

でもぶっちゃけ、長財布にしたからといってお金を大事にしたりとかそういった意識は迷信だと僕の場合は思いました。

 

むしろ利便性の方が僕の場合まさりましたね。

 

で、この形の財布って別に特殊でもなく

 

二つ折り財布や長財布がまあメジャーな財布だとは思うんですが、

 

売っていることは売っているんです。

 

一見カードケースみたいにみえなくもないんですけど、

 

小銭だってきちんと入ります。

 

最近レシートをマネーフォワードという家計簿アプリで管理しているのですがそのレシートもふつうに入ります。

 

で、入らないのは何かというとポイントカードです。

 

ポイントカードをたくさん持っている人にとってはこの財布にするには勇気がいります。

 

というのもまず入らないからです。キャッシュカードとか現金とか入れていると。

 

そこから編み出される結論は、ポイントカードを切る、という発想です。

 

ポイントカードってよく知らないんですがアプリでまかなえるものも今だとほとんどじゃないかと思うんですね。

 

財布のなかをごちゃごちゃさせるくらいだったらスマホのホーム画面をごちゃごちゃさせた方がまだいいとは思いますが、

 

それでも僕はポイントカードの類は持ちません。

 

行く店とかも別に固定しているわけではないですし、ポイントカードがたまるとそれを使わなければという意識が働きますよね。使わなければもったいないというような。それで別に行きたくものないのにまたその店にいってポイントカードとあとそれに足りない分をふつうに買っていたらそれこそ店側の思う壺みたいな感じがします。ほんとうに気に入っている店ならいいとは思うんですが、

 

僕は店しばりもしていないですね。