がんばれないひと。

統合失調症歴9年。34歳男の雑記です。統合失調症の能力を示すのが目的です。

僻地の投票所の出口調査員はトイレはどうしてる?

昨日、選挙の出口調査の仕事に行ってきたんですが、そこでの業務はともかくそのとき思ったこと。

 

選挙の投票所を管理している人っていますが(あの小学校の体育館とか公民館の投票所の主催者の責任者ですね)

 

その人に出口調査員は業務を行う前に挨拶に行くんですよ。

 

そのときの文言は、基本的に、有権者のご迷惑にならないようにします、と選挙管理委員会には出口調査を行う旨、承認をえています、とご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします、の三つである。

 

で、まあ法律上、投票所で出口調査をするのは問題ないんですが要は、別にその投票所の主催している人たちと出口調査の人は利害関係がないわけですから、お互いトラブルなくやっていこうね、という感じで挨拶を交わすみたいなんですよね。

 

でもなかにはそうして利害関係がなくまた法律上問題もないので挨拶に行くという調査員側の行為は好意でやっているのに、出口調査をしている間中、トイレに行きたくなってトイレを使わせてもらって長居していると注意をしにくる管理者もいました。

 

確かに調査員は部外者なのですが、正直、出口調査なんて僻地でもやるわけですから、まわり民家しかなくコンビニとかもない場合、管理者との関係がぎくしゃくするとふつうに困ります。

 

僕は長居を注意されたところでは、近くにコンビニがあったので二回目からはコンビニのトイレに行くようにして過ごしていました。その次の出口調査の場所は山奥の学校だったので、まわりになんもなかったんですが、そこの管理者は寛容な人だったのでなにも問題なく貸してもらえました。

 

でもそうじゃない不運な調査員は大変ですよね。

管理者側はトイレを貸す義務はないので、出口調査は行っても大丈夫ですよ、でもトイレは貸せませんって言われても調査員側はトイレを使う権利はないわけですから、このあたり一見どうでもいいことのように思えて、結構大事なところだと思いました。

 

男ならしかたない場合、立ち小便ですが、女の調査員もいますからね。

 

出口調査の派遣先企業は、出口調査に調査員を飛ばす場所のまわりにちゃんとトイレが使える場所があるかなんて吟味していないと思います。

 

あと昨日は台風で最後の調査時間が、調査を行っていた地域が避難準備だか避難勧告指定されたみたいで撤収になったんですが、雨に濡れまくって寒い中、一時間後にならないと応援の派遣会社の車は来ないといわれました。

 

まあ撤収にならなかったらふつうに業務している時間だから、別にいいかと思ったんですが、やはりこのときも出口調査員は屋内、つまり投票所にちょっと雨もひどいのでなかに入れてもらえますかとは言えないですよね、ほんとうに大地震とか洪水にでもなりはしない限り、言えないですね。出口調査員の肩身の狭いところです。