がんばれないひと。

統合失調症を発症して八年目。思っていることとか人の役に立ちそうなことを書いている雑記ブログです。

オナニーの極意。

三島由紀夫という作家をただ単に自分の美学に陶酔して自殺した、つまり美に殉じた人であり、三島の書いた小説に実用性がないというのは深く三島を読み込んでいない人である。

三島の本質は、人間の持つ極限からくる可能性の真実の発見にあるのだと思っている。

あるモテない男が風俗に行くためのお金を毎月計算して支出をやりくりしているとする。そのお金のやりくりの計画に抜けがない。完璧だったとする。二週間に一度必ず一万円風俗に行くだけのお金の余裕があってその生活に滞りがない。

だがあるときその男は風俗に行くお金がもったいなく思うようになった。

二週間に一度使えた一万円を貯めるようになった。

半年ほど経って十万円が貯まった。そのお金で婚活をしようと算段したのである。男は半年の節制でいくらか見栄えのいい男になっていた。婚活は順調に進み、ひとりの、風俗には絶対にいないような美女と結婚の話がでるまでに仲が進んでいた。だが交際生活半年で女が詐欺師だと判明した。

女は金目当てのやり手でうまくお金を男から受けとっては自分の口座に入れていた。そして目標額が貯まると行方をくらました。

男は絶望的な気持ちになり精神的ショックから寝込んでしまう。

財産がなくなり、風俗に行くお金ももうない。つまり慰めてもらえるひとが誰もいない。明日には借金取りがやってくる。そんななか、男は自慰行為をする。明日借金取りがくる瀬戸際でする自慰行為は数十秒でおわったが、快楽はかつての風俗通いのときよりはるかに気持ちいいのであった。そのとき男は

風俗通いの計画にこそ、失敗の元凶があったと知るが、同時に快楽の本質を知るのである。それは予定調和のなかには快楽の真実はないという真理である。‘’本物の快楽は、計算された渦中にはなく、明日も生きられるかわからないとなったときの極限状態にある。‘’男は、また明日生きていく希望が生まれたのであった。

三島ははっきりと、明日ほんとに死ぬかもしれないとわかっている人間は妙に幸福になる、と言っていますが、ふつうの人はそういう状態になったことがないからわからないだけで、おそらくほんとにそうなのでしょう。

死ぬとまではいかなくてもなんかしらの極限状態にある場合の心理は、知っておくといいかもしれません。