がんばれないひと。

統合失調症を発症して八年目。思っていることとか人の役に立ちそうなことを書いている雑記ブログです。

仕事が嫌いな理由。

人間自体が矛盾した生き物なのでその人間がつくる社会は当然矛盾に満ち溢れたものになります。

 

それがもっとも顕著かつ身近に表されているのは会社でしょう。

 

僕はSNSでブログに書くまでの分量にするのは大変だけど面白かったこと感じたことをぱっと投稿するのが好きなのですが、

 

仕事に関する、それも現場での仕事環境や状況について書くのは一切やめるという方針を立てています。

 

その他の投稿も基本的には非公開です。

 

それが社会人としての常識という理由なわけではなく、

 

とにかく仕事の現場って想像していた以上に、変、なんですね。

 

何が変かというと、ほとんど仕事もせずに読書ばかりしていた僕からすると

 

ついていけないくらいの、非論理さなのです。

 

そうです、本を読む効用は論理的に物事を考えられるようになる、というものがありますが、

 

それにあまりに親しんでいると、なんだコイツは、みたいな驚くような社会人といっぱい接することになります。

 

でも冒頭で述べたようにそれらはいわば当たり前なのです。

 

街や職場が現実で本は基本的にはあれは理想です。

 

で、理想についてなのですが、理想みたいなものは芸術に丸投げしていいんじゃないかと僕はたまに思うことがあるのです。

 

映画には見上げたような人物がたくさん出てきます。

 

あるいは小説にはあるべき精神が説かれているものも多いです。

 

 

でもそれを実行するのって、あの巨大な理不尽な人間の山がつくった仕事にはなんの役にも立ちません。

 

これは断言できます。本に書いてあることは、それもたとえば小説なんかに書いてある世界は、あれはでたらめというか、要は仕事でくさくさした感情を持っている大多数の人間に教育しているのではなく、純粋に作品として面白いと思ってほしい構図があるのです。

 

そのための現実の理不尽さだと思っても差し支えない。

 

もし現実が小説に書かれているとおりだとしたらその小説は駄作です。

 

小説の役割は、ふつうの人がふつうに生活しているだけではみえてこないものを描く使命があったります。

 

で、その面白さや描かれたものを堪能するためには現実の理不尽さには耐える必要がある。

 

誰だって楽園に行ってみたいと思うでしょう。食べ物や衣服や異性がたくさんいて、ずっとそこにいてもいいよと言われたら、その場所は楽園です。

 

でも楽園にはひょっとしたら小説を読んで感動するひきがねとなる要素がまるでない可能性もあります。

 

その場合は楽園自体が一つの作品なのです。

 

そこで生活する人間はいわばプレイヤーで、はたからみた場合にのみ、ある一定の評価になりますが、本人たちはこういったらなんですが、飼育されている豚と一緒なんですね。

 

哲学者のアランは、不幸がなければ幸福はない、と述べていますが、

 

僕の見解はちょっと違うんです。

 

不幸なんてない方が幸せに決まっているんです。

 

そこは揺るがない。

 

ただ人間は不幸のなかにある幸せをみつけることができるし、またそっちの方が強く幸福を感じるような生き物なのです。

 

だから芸術みたいなのが成り立つわけです。

 

で、そういうわけだから、天職っていうのはほんとはあれはまやかしの言葉なんですね。

 

僕はこう考えるんです。

 

つらいつらいと毎日思う仕事であればあるほど、仕事が終わったあとに幸福を感じる度合いが強いわけですから、つらい仕事の方がある意味、天職だと

 

こういうとふつうの人はなにを言っているんだ、となるでしょう。

 

実際、ほんとにつらくてつらくてしょうがない場合は、転職します。

 

これは正しい判断で、そのままいると、何かがくるってくる可能性がある。

 

ある程度、くるっているのは会社ではあるけれど、ほんとうにどうしょうもなくくるっているというところは、これは残念ながら自分で判断しなければならないので難しいのですが。

 

話を戻すと、要は小説のような理想の世界に浸ってその理想をうけついで発言にそれらを含ませる生き方は、それはそれでひとつの優雅なのかもしれませんが、

 

住んでいる場所が楽園ではなく現実である街なので、

 

面白かったり、すごいなと思うような出来事はないのが当たり前だったりする。

 

だから、僕は誰かが誰かを、だらしがないとか常識がないとかかっこわるいとかそういった理由で人を嫌いになるのは、一面においてバカだと思っています。

 

仕事が遂行されるためには、そりゃあモラルにかけたことくらいするでしょう。

 

電車でくだらない話を大声でしたり、タバコのポイ捨てをしたり、そういうのは人間のあるワンシーンなんですね。

 

ストレスがないときでは同じ人間でも、その捨てたタバコの吸いがらを拾いに行くような人かもしれません。

 

このあたりの洞察ができていない映画なんかが日本にはたくさんあるのですが、(例として有川浩原作の『阪急電車』など)

 

みてて、バカだなよりも先に、そういう触れ込みではないヒューマニズムをどちらかというとうたっている作品なのに、商業狙いかと思ってしまいます。

 

だって、みんなそれぞれリア充みたいな言葉のとおり、自分の楽園をつくろうと計画する人ばかりですからね。その手の大多数の人には、当然、うけますが、

 

上に長々とあげたからくりを知っている人は、なんだかしらけるというのも一つの真実です。

 

僕は仕事を円滑にすすめるためには、ある程度、俗物にならなければいけないと思っています。だから仕事行く前の電車のなかでは本を読みません。そこにある車内広告だったり乗ってくる人だったりそれらにだけ注意を向けています。