読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばれないひと。

統合失調症を発症して八年目。思っていることとか人の役に立ちそうなことを書いている雑記ブログです。

便利なものは使い倒してから手放す。

パソコンを売りました。

 

今は漫画喫茶だったり親のパソコンだったり、つまり借り物でこのブログを書いています。

 

これからも僕の借り物人生は続くと思います。

 

所有したいものってなんでしょう。

 

この世の中で所有しなきゃいけないものってほんとは何一つないのかもしれませんね。

 

でもそういう発想とは別に僕は便利なものはいったん使い倒してから手放すといういわば新陳代謝のようなことをたまにやるのが好きです。

 

ずっと一個のものばかり愛用するという発想はそれはそれで見えてくるものがありますが、消耗品ではなく便利なもの、パソコンなんかはどちらかというと贅沢品で便利なものですね、それをいったんなくすと、アナログとしてのものの見方が加わったりします。結局、デジタルもアナログもどっちもあるのが現世なので、どっちの良さも知っておくのがベターなわけなんですね、生きやすくするには。

 

そして”借り物人生”は身軽になります。

 

話が飛びますが、親鸞が、もし苦労なきまた真実のみに着眼した人生を送りたいのなら誰も愛するな、と説いているのは有名ですが、

 

これは本当のような気がしています。

 

たとえばパートナー。所有するという感覚でいるからそれそうおうの幸せがありましょうが、そのかわりなくしたときにこれまたそれそうおうの代償、悲しさですね、を払うことになります。

 

そのサイクルがいやであれば、親鸞はそもそも誰も愛するな、と説くわけです。

 

そうすると幸せが自然と、対象が広いものになるんですね。

 

万人を愛するみたいな発想です。

 

これはこれでひとつの考え方でしょう。

 

僕はそうやって生きるのは統合失調症にとっては長い目で見た場合賢いように思うのですが、まあでも親鸞の域に達するまでのそれだけの間であらゆるストレスから身を守れなさそうなために発症したという見方もできそうですから、

 

こればっかりはなんとも言えません。

 

特別に好きだったり愛情を与えたい人がいれば、当面それで幸せなのであれば、何も親鸞がどうこう持ち出すことのほどではありません。

 

パソコン売ったのと同時にクレジットカードの解約もついでにやってこようと出かけたのですが、クレジットカードの解約はクレジットカードとキャッシュカードの一体型のカードだと解約したときキャッシュカードまで使えなくなって、キャッシュカード機能のみのカードが手元に再発行で届くまでに何週間か時間がかかるみたいでそれだとその間こまるので結局、手続きはしませんでした。

 

ここらへんで神様からストップがかかったように僕は解釈しています。

 

便利なものをなくしすぎると、それはそれでみえてこなくなるものがある、と。

 

ただ単純にクレジットカードが便利というよりあったら使ってしまいそうで支払いがもういやだというだけの理由だったのですが、クレジットカードはまたいざつくろうというときになったら審査とかあるし、ただたんに使わなければいいだけの話なので、そうしようと思います。

 

僕はそう計画していたわけではなく転んだ方に運というか福をみるようなそういうところが昔からあって、今回もクレジットカードはいざというときに、となんだかアドバイスをもらったように感じたのでした。