がんばれないひと。

統合失調症を発症して八年目。思っていることとか人の役に立ちそうなことを書いている雑記ブログです。

i forgot mailは迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがある。

甥のiphoneのappleidをまだ未成年なので僕が最初設定したんですがあとになってappleidのパスワードがどうしてもわからない。

 

そしてセキュリティ質問も一個しかわからない(appleのルールだと三つ設定したセキュリティ質問のうち二つ正解しないと駄目みたいです)

 

のでi forgot mail(パスワードリセットメール)を使うことに。でここで問題発生。

 

僕はappleサポートに直接問い合わせたのですが、本人確認というのが必要なため、確認コードを受信してそのコードを答えなければならない。

 

でも甥は普段別の場所にいるために確認コードがわからない。

 

でなんとかセキュリティ質問に必死に答えていたのですがロックかかってしまったのです。

 

失敗しすぎて。セキュリティ質問は漢字とかスペースとかひらがなとか英字とか全部区別するので単語が思い当たっただけではヒットする確率低いです。

 

まあそれで甥をよんでiphoneを貸してもらい確認コードをappleサポートの担当者に伝えて本人確認まではなんとかできたのです。

 

で、次に問題二つ目発生。

 

i forgot mail(パスワードリセットメール)を甥のiphoneがなくてもできるように僕のメアドに届くようにappleサポートに電話したんですね。

 

そしたら24時間後に届くということだったので一日待ってみたんです。それでも届かない。おかしいなあと思って、

 

何度もappleサポートに問い合わせたのですが(というのもパスワードリセットメールには使用期限があってそれが3時間。3時間以内に操作しないと無効になる。スマホを使っていない僕はリアルタイムで受信したかどうかわからずそこを気にしていた。)

 

なんでもアメリカのサーバから送られるからタイムラグがあると。

 

それはおかしいと思ったので届くはずの時間から2時間半が経過したところでもう一回appleサポートに問い合わせました。このときですでにかなりいらいらしていました。

 

というのもパスワードを変更したいだけなのに通算10回くらい電話しているわけですからね。

 

それで結論はタイトルにあげたとおりです。なぜかそれまでのappleサポートのメールはふつうに届くのに僕のgmailでのi forgot mail(パスワードリセットメール)は迷惑メールフォルダのところに入っていました。appleサポートにお礼を言って大急ぎで変更しましたよ。

 

僕も迂闊でしたが、一つ不満を言うと、「タイムラグなんてものはそんなに考慮しなくていいから届いていないことは絶対変だ。」と何回目かの問い合わせのときにappleサポートが言ってくれたらよかったんですけどね。

 

ちなみにテストメールはすでにやっておいていました、つまり自分が口頭でappleサポートに伝えた僕のgmailのアドレスに間違いはないことは前提でした。