がんばれないひと。

統合失調症歴9年。34歳男の雑記です。統合失調症の能力を示すのが目的です。

ピュオーラで歯周病が治った。

マツコ・デラックスがイメージキャラクターの歯磨き粉。

 

歯と歯茎にいいものって今、たくさん売られていますよね。

 

歯医者もくさるほどありますよね。

 

僕は一月半ぐらいずっと歯磨きのときに多量に出血するのと痛みはそんなになかったんですがうずきが続いていました。

 

それで歯医者に行くか迷っていたんですが歯医者ってあれこれ説明されても歯のこと全然わからないから理解ができないときがあるし煙草もお菓子も禁止!って言われるのがいやで避けていて、あとなによりお金が結構かかるじゃないですか。

 

国民健康保険には入っていますが、三回くらい通ったら軽く5000円は治療代超える気がしたんでそれだったら市販の商品で粘ってみようと思ってはじめ生薬の塗り薬を歯茎に塗っていました。でもこれがあんまり効果がない。

 

洗面台に置いてあったリステリンでぐちゅぐちゅぺってやってもまだうずきがある。

 

そこでやっぱり根本的に治療しないと駄目なのかなあと思ってきたところだめもとでピュオーラを買ったらみるみる歯茎の状態がよくなってきました。

 

ふつうの人が薬局行くとどれを買うか迷いますよね、僕の場合、生薬とふだんから意識していた食べ物からの栄養とたくさんの睡眠と煙草を煙がいように多いわかばから上品な煙のメビウスに変えたのと、さまざまな要素の合体技で状態がよくなったのかもしれませんが、もしかしたら最初からピュオーラを買って歯磨きしていたら、生薬もリステリンもいらなかったかもしれないと思えるときがありました。

 

それはピュオーラで歯磨きしたあとの強烈な口内のミントによる辛みです。

 

この辛さがリステリンでぐちゅぐちゅぺってやったあとの辛さと同じような感じだったのです。

 

でも薬局に行って「どれがおすすめですか?」って店員にきいたところで、わからないですよね。ピュオーラに似た歯周病の歯磨き粉ってたくさんありますし、そう言ったらリステリンみたいなマウスウオッシュをピュオーラなら不要かもしれないのにすすめられたかもしれません。ピュオーラの前は一応歯周病に効果があるとチューブの裏面に記載のある歯磨き粉を使っていたのですが状態はよくならなかった。

 

「ピュオーラなら治る」というのが一番はじめからの正解だとしたら、そしてその正解にすぐに辿りつけたならそれまでにいろいろ試していたもののお金は無駄だったのかもしれません。

 

でもこういうのって往々にしてわからないものです。どんなに知識という知識をためこんだとしても必要最小限で生きるために消費社会で買うべき商品が必ずわかるようなことにはならない、つまり無駄なことをして正解にたどり着くしかないと知ることになります。

 

ピュオーラがいいという記事から脱線しますがお金持ちってそれだけ消費社会において無駄なことができる自由が多い分、楽に失敗し楽に知識をえられるメリットというのは確かにある。