がんばれないひと。

統合失調症を発症して八年目。思っていることとか人の役に立ちそうなことを書いている雑記ブログです。

元システムエンジニアが教えるASUSという最強のパソコン。

僕はASUSのEeeBookというのを使っているんですが、なんでみんなこのパソコンを使わないのか不思議です。ASUSのまわしものではありません。

 

さっき母親のHP社のノートパソコンのキーボードの交換というやつをやっていたんですが、まあなんともお粗末でしたね。裏側にあるネジは取りづらいはキーボードをはがすときも「え、これであっているの?」っていうくらいなにもかも作業しづらいんですよ。しかも重いし。

 

で、まあひとつことわりを入れるともちろんハイスペックなパソコンを否応なく使わなければいけない人はいると思います。そういう人は仕方がないかもしれませんが、僕だったら間違いなくハイスペックなパソコンを買うならデスクトップを買います。

 

書斎みたいな部屋で大きいモニターでいろいろソフトとか入っているデスクトップをカタカタやればいいでしょう。デスクトップの方がカスタマイズもしやすいですしふつうの人が使わないような高度のことをするにはデスクトップは向いています。

 

でも僕は思うのです。パソコンを使っている人の9割くらいは今売られているハイスペックなパソコンっていらなくない?って。

 

はっきり言って今の僕のASUSのEeeBookは別にハイスペックではなくおそらくたとえば動画処理みたいな作業をガシガシやろうと思ったら滞って使いづらいです。でもふつうにブログ書いたり、エクセルいじったり、動画みたり、あらゆる他のノーマルな作業をするには十分です。それにこのパソコンのいいところは何よりも軽くて軽くて仕方がないところとバッテリーが異様に長く持つというところです。

 

DELLとかHPとかのパソコンはそんなに年月たたないうちに外部のバッテリーを常時コンセントに差してないと外出先には持ち運べないくらいバッテリーの減りがはやくなってしまいますよね。で、大体、家に置く専用のノートパソコンになる。それだったら上述したようにデスクトップを買えばいい。ASUSは10時間くらいは1年半くらい使っていますが、余裕でバッテリー持ちます。しかも僕が買ったときの値段は33000円とかです。新品ですよ。今はもっと値段が下がっているかもしれません。

 

まあ要はHPのパソコンを分解しているときに「なんてやりづらいんだ!」とイライラした腹いせに書いているところも少しありますが、世の中は何もかも比較。毎日使って一年半の間、一回もトラブルのないASUSを褒めたくもなります。