がんばれないひと。

統合失調症を発症して八年目。思っていることとか人の役に立ちそうなことを書いている雑記ブログです。

『インターステラー』を観た。


映画『インターステラー』スペシャル映像【HD】2014年11月22日公開

 

付言すると、「肝心なところで何の演技もしていない」と評した映画評論家の人とかいるみたいですが、この批評はどっちかというと、優れているところを若干軽視したところの批評のように僕には思えます。

 

少なくともこの作品は『ブレードランナー』など過去のレジェンドと呼ばれる作品よりかははるかに見どころがある。正直、三分の二くらいは観るのが苦痛ですが、最後の物理学とかが絡んだところの世界観の映像での見せ方とストーリーの結末は、SFならではの斬新なヒューマニズムだった。

 

でも個人的にあああんまりだなと思ったのは伏線が観る人によってはバレバレすぎるところで、まあそれを甘受してもこれは評判負けはしていないだろうと言える部類である。

 

僕はそれでもSFでもっと面白いものがあるという前提でこの映画を観ていましたが。

 

たとえばバロウズ原作の『裸のランチ』とかね。あと僕はこれだったら、ドラえもんの長編映画シリーズの方が、より普遍的な感じがした。そうなんです、『インターステラー』は万人受けを狙ったSFヒューマンドラマなんですが、テーマではドラえもんに負けても、まあ斬新な映像世界観が繰り出されているので、それはそれで面白いけど、

 

それだったら『ゼログラビティ』かなとか、まあ良かったけどちょっとこれはベスト!とは推せない個人的に微妙な立ち位置の作品ではあった。

 


映画『ゼロ・グラビティ』予告5【HD】 2013年12月13日公開