がんばれないひと。

統合失調症を発症して八年目。思っていることとか人の役に立ちそうなことを書いている雑記ブログです。

日本のサッカーが異様につまらない。

そういえば以下の動画。

 


【海外サッカー】レベル高すぎ!異次元の練習風景集

 

僕はこれをみて日本は一生世界に勝てないじゃないかという戦慄を覚えたことがあるんですね。

この動画の練習風景は日本ではみられません。なんでかというとこういうサッカーを体得しているレベルの選手が日本にはいないからです。

 

本来でもスポーツってそういうものなんですよね。

 

スポーツ選手って見方を変えるまでもなく曲芸師の一種ですからね。

 

この動画に出てくる選手たちは大人にみえていいプレーができたときに純真に喜ぶ少年です。

高い技術だとも自覚している感じもせず、きっと小さいころからの腕前で急に大人になってできた、というものでもないのでしょう。

 

あの名古屋グランパスで監督も務めたアーセナルベンゲル監督の言葉ですが、「必ずお金を払ってみにきてくれるサポーターを喜ばす試合をしなければならない。」というものがあります。

 

僕は日本代表がワールドカップ予選を戦った試合で、この試合をお金払ってみたかったなあという試合が一つもないです。

この発想はベンゲルとかレベルが高い人たちだけの思想だと思っていたら間違いです。なぜなら、ちゃんとセーフティネットのような救われる要素がそのなかにあるからです。

 

それは素人がみたとしてもスペクタクルで上の動画にあるような神がかったプレーで観客が湧くシーンがあり得点も動くゲームをした選手たちはたとえ負けたとしても称賛に値するというものです。

僕は日本はそれを目指してほしいという願望があります。勝ちに行く勝ちに行くとばかり言っていて次回のワールドカップも、とりあえず優勝はできないでしょう。

 

それだったら派手なプレーをみっともなくないようにして、世界が注目するサッカーをやってもらいたい。どうせならそれで負けてほしい。

もっと変なサッカーすればいいのにね。ふつうそこはダイレクトじゃなくて一回もつだろうというところでダイレクトでポンとはたいたり、ノーステップでのフェイントをねらってたまにはトーキックでシュートしたり、そういう意外性にこそ、お金を払う価値がある。

 

ただ日本という国が勝ったみたいな国粋主義的サポーターにはお金払う価値あるんでしょうけど、サッカーも文化ですからね。

 

とにかく上の動画には衝撃をうけました。日本でこんなことできる選手がいたら、テレビとかにひっぱりだこですし、ネットでも騒がれるでしょう。それぐらい日本からしてみたら、段違いの技術があります。