がんばれないひと。

統合失調症を発症して八年目。思っていることとか人の役に立ちそうなことを書いている雑記ブログです。

物欲ダイエットの考案。

爆睡するためにはある程度夜食べると寝れる。これは間違いない。人間も動物も食うと眠くなる。寝ないと弊害がでるのがわかっているから、僕は眠気を感じずに食べたら強引に就寝薬を飲んでベッドに直行します。体内リズムが狂うと起きてまず煙草を無駄にたくさん吸うし、外見のコンディションが悪いし、夜中はそもそも店だって開いてないし、

 

あんまりいいことないんです。夜型は。

 

それで僕はふと最近、気づいたのですが薬と食べ物で強引に寝ていると下腹部に脂肪がつきやすい体質になるんですが、不思議なことに前日太っているようにみえる体型でも翌日、寝る前になんか食べて爆睡できて起きてみるとお腹がすっきりしていることの方が多いです。まだ新陳代謝がある証拠です。

 

だから人と会うときはなるべく起きてから五時間以内が自分の中でベストです。

 

それ以上時間が経過するとまるで栄養失調の子供みたいにお腹だけぽっこりしてくる。

 

でも昼間になにか身体を動かさないといいことないのがわかっているので、最近、本気で物欲ダイエットというのを考案して実行に移すときがあります。

 

それはどういうものかというと、僕の場合ですが、美容というよりもファッションに興味がある場合に有効な手段です。

 

それは古着屋めぐりです。誰でも同じ質で同じデザインで同じ色で同じサイズの服があったら安い方がいいですよね。

 

古着屋(僕が今日行ったのはブックオフ)に行くとどうしても自分に似合うかどうかでいろいろ店内を商品を選ぶ際に歩き回りますよ。あっこっちの方が安いとかこっちの方が生地が丈夫とかたまにはカーディガンとか着てみたいとか、とにかくファッションに対する欲が僕は強いんですね。

 

そうです、試着も含めて身体を動かすんです。そもそも店に行くまでの間にも身体を動かします。

 

で、最後の段階、ここが重要なのですが実際に買うかどうかで悩むときに値札をちゃんとみる。1000円~3000円だったら買います。

 

それで実際にふくろとかには入れてもらわず店で着替えます。で、新しい(中古だけど)服で店内に出て、服を眺めわたし、いい気分で一服するんです。

 

この物欲ダイエットは服がどんどん部屋にたまっていきます。僕の場合は元値は高いんだけど、だいぶよれよれになってザ古着みたいになったブランドのものをたとえば今日は1280円で買ってきました。

 

昨今、ミニマリストブームですが僕はこれを機に最小限のものしか持たないという発想にそわないようにします。これまで着なくなった服は処分していたけれど、

全部、保存します。テリー伊藤なんか膨大に服を所有していますが、あれは財産といえば財産なんですよね。あれを目指せば、ダイエットもできて安く時間もつぶれてなおかつ、気分もよく、売ろうと思えばネットで売れる。

 

某有名ブロガーはこれからは何かをコレクションする人間が増えてくる時代だと予測しています。ミリマリストが流行るのは東京の狭い家だから、だと。