がんばれないひと。

統合失調症を発症して八年目。思っていることとか人の役に立ちそうなことを書いている雑記ブログです。

特茶ダイエットの考案。

f:id:risrpd:20161018025111j:plain

 

先日、親族の結婚式で名古屋に行ってきたんですが、名古屋ってあんまりくねくねとした道がないんですね。それで夜中に寝れなかったのと礼服を着てみたらぴちぴちだったので、式までのあと6時間(この時点で夜中の3時)で暇もつぶせて痩せれないかと考えたんです。

 

そこで僕ははじめからそうしようと思っていたわけではなかったのですが、まずコンビニで特茶を買いました。そうです、先述したくねくねとした道がないというのは言い換えると喫煙所付きのコンビニがまっすぐな道沿いに等間隔にある、ということです。

特茶を買ってまず飲みます。それでそのまま地下鉄一駅分くらいひらすら歩くんです。そうするとまたコンビ二がある。そこで特茶を飲み干していたらまた新しいのを買うんです。ついでに煙草休憩もします。そうしてまたひたすら歩く。

合計一時間半くらいそんなことをしていました。飲みすぎなのは承知だったんですが特茶を三本ペットボトル飲み干しました。ふつうだったら式の当日に合わせてまえもって礼服が心地よく着れるようにダイエットを行うのが正解なんですが、そんな計画性は僕にはない。

で結論から言うとこの「ダイエットしようしようと目標を立てたわけではないし、運動をしようしようと意気込んだわけでもない、なんとなーくの特茶ダイエット」は功を奏しました。体感として1kgくらいは痩せたんです。少し、ウエストのあたりがすっきりして僕は式に向かうことができました。

 

ただほとんど寝ずに行ったのでひたすら式では眠かったんですが、ダイエットも「よし、今月は五キロ痩せるぞ!」ではなく、こういう土壇場で、やるなら今しかないというときは身が入ります。

 

やるなら今でしょ!の林修の言葉は、ある程度、窮地に追い込まれたときの方が従いやすかったりします。身構えるとどうしてもだるさが先行してしまうので。