読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばれないひと。

統合失調症を発症して八年目。思っていることとか人の役に立ちそうなことを書いている雑記ブログです。

介護は究極のワークシェアリングなんじゃないか。

介護

別にひとりでいろいろ仕事できたところで、あんまし介護の仕事って意味ないですね。

それこそまだ体力ある若いホームレスの人を介護職で雇えばいい。

 

結局、人間力向上スキルというのがこの仕事にあったとしたら、それは高齢者との対人関係だと思うんですが、たまにヘルパーの職人みたいな人がいて、仕事をそれ自体で完結したスキルだと思ってそうな人がいるのが困る。

 

 

risrpd.hatenadiary.com

で書いたように、理屈なんてあってないようなものなんです。

結局、利用者が気に入ればそれでいいわけですから。基礎的なところはもちろんおさえますが、それ以上に大切なスキルがあるんじゃないか。

 

今度、介護される側がもっとこうしてほしいというアンケートにこたえたようなデータがあればみてみようかと思います。

 

実はそんなに介護の仕事そのものには、ヘルパーの職人みたいな人と基礎はおさえて対人スキル(話が合うとか)が長けている人と比べた場合、話して楽しい人の方がいいというものがあるんじゃないか。

 

そういう意味でホームレスの人が外見を小奇麗にして、人生経験でもって打ち解け合える人の介護をする、という方がなんだかおさまりがいいです。

 

日本、もっと介護にそういった英知を取り入れてほしい。今のままでは、もろもろの作業だけが得意という人間がのさばる事態になってしまいます。