がんばれないひと。

統合失調症歴9年。34歳男の雑記です。統合失調症の能力を示すのが目的です。

僕がSNSで真剣な投稿をしなくなった理由。

SNSってあれ、長く使っていると逆に世界が狭まるという法則に気づいていない人もいるんじゃないかと思うので記します。

 

同窓会とかの目的で使っている分には、SNSは大成功なんです。使う側からすれば。

でもその後に頻繁に投稿や閲覧をしている人たちは、見ようによっては”特殊”な人たちなんですよね。

 

ITジャーナリストの津田大介さんが言っていたんですが、SNSの世界にどっぷりとはまるとまるでそこでの世界(自分がなにか情報発信してそれに対する反応)が社会のすべてだと思ってしまう部分があると。

 

ちゃんと区別してやっている人は問題ないんですが、僕は中毒になるタイプなので、てきとうなことしかアップしなくなりました。

 

みている人も特殊で、やっている自分も特殊だったら、そんなものでじゅうぶんな使い道です。ストレス発散のひとつかもしれません。

 

ここでいう特殊とは、社会にはもっと”ネットを介さないなにか”を軸に生活している人もSNSをやる人と同じくらいいるというまぎれもない真実です。

 

そういう観点からみるとSNSは今後、どうなるのだろうか、という見方ぐらいが進歩性があって、SNSでの投稿は、価値としては、「一本煙草を吸う」くらいなものです。

ただ僕は退会はしないと思います。ログアウトとか休止みたいな形で、つながってくれた人は、実人生で自分によくしてくれた人たちばかりなので、そこは敬意を示す。