がんばれないひと。

統合失調症歴9年。34歳男の雑記です。統合失調症の能力を示すのが目的です。

一日、用事ひとつだけというのは別に悪くない。

若いときはあれもこれもなんでもやろうとしちゃうんですよね。

 

やりたいことがいっぱいあるから。

 

でもある程度、歳をとると、一日、あ、これやろうと思ったことを

一時間くらいで終わってしまう用事だったとしてもそれでいいと思うんですよね。

 

で、そういう発想で生きていくと自然と量より質というミニマリスト的ライフスタイルになりますが、今、流行っているからとかではなく自然とそうなっていくんだったら、

 

なんというかそれでいいんじゃないかという感じもあります。

 

なにかで成功している人だって、多分、どこかでそういう弱さをかみしめているわけですからね。

あと現代の利点は、「どこからでも情報が入ってくる」というのに尽きると思います。

 

既存のメディアだけではなく、電信柱とかにもなんか紙貼ってあるじゃないですか。

 

ああいうのってこの記事のタイトルにあげたような余裕がないとふつう誰も目に留めませんが、そういうところに目をやる余裕は、セレンディピティの一つだと思いますね。