読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばれないひと。

統合失調症を発症して八年目。思っていることとか人の役に立ちそうなことを書いている雑記ブログです。

元システムエンジニアが教えるASUSという最強のパソコン。

僕はASUSのEeeBookというのを使っているんですが、なんでみんなこのパソコンを使わないのか不思議です。ASUSのまわしものではありません。 さっき母親のHP社のノートパソコンのキーボードの交換というやつをやっていたんですが、まあなんともお粗末でしたね…

夫婦間のセックスレスのいったい何が問題だというのか。

今日、たまたま朝日新聞の有料コンテンツの中でセックスレスに悩む夫婦のレポートを読んでいたのですが、 僕には一体何が問題なのかさっぱりわかりませんでした。 僕はこの手の問題を問題と認識する人たちをおしなべて全員、”強欲”と言い切ってしまいたいと…

小林麻央のテレビ出演にみる正負の法則。

昨日の海老蔵の番組みました。 小林麻央さんは貴重なメッセージを投げていましたね。 「病気になったからこそみえてきたものなんでしょう」 新聞などのメディアは神様チャンスをくださいみたいなところをフォーカスしていますが、 昨日のテレビ番組の要点は…

windows10のインストールが99%で止まる問題、解決した。

解決した。windows7からwindows10にアップグレードしようとしてマイクロソフトの関連サイトなどからダウンロードおよびインストールしようとして失敗していた。 主な失敗の内容は以下。 ・windows updateを含む「~を更新しています。」が終わらない。 ・イ…

今、精神障がい者が就職するなら清掃、介護、アパレルは書類選考が通って面接までたどり着きやすい。

今、人手が足りていない業界はいくつかあると思いますが、僕の経験上、清掃、介護、アパレルは面接まで行きやすいです。 特に介護は僕は計三つのところで働いたのですが、これは応募して書類選考が通って面接まで行って面接を受けたところが全て受かったとい…

『ああ正負の法則』を読んだ。

ああ正負の法則 作者: 美輪明宏 出版社/メーカー: PARCO出版 発売日: 2002/04 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 75回 この商品を含むブログ (56件) を見る この本にはない視点だが、努力ができるというのも一つの才能でそれ自体が何の努力もせずに持ち…

天皇杯、鹿島優勝は川崎の決定的場面の極めて日本的な”躊躇”によるミス。中村憲剛よ、なぜあそこで撃たなかったのか。

鹿島が勝ちました。 総合力は鹿島が上です。あと経験値も鹿島が上です。川崎に勝ち目がなかったかといえば、しかしそうではない。 試合を通しての感想だが、筆者が別に鹿島ファンでも川崎ファンでもないのにみていてイライラしたシーンがあった。 そう、あの…

精神病+肉体的な病は、「常に何かやっていたい」という気持ちを増加させる。

なんか僕、煙草の吸い過ぎなのかわからないのですが(その可能性大です) 、歯槽膿漏なんです。 で統合失調症の陰性症状と合わさったような形で、歯茎のむずがゆさに加え、寝転がっていると、もうこのままあと何年も生きないんじゃないか、少なくとも歯とか…

統合失調症患者が社会で生きやすくなるために必要な自信とは「賢い」でも「優しい」でもなく「個性的」。

先日、年内最後の診察に行ってきたんですが、 担当医に「○○さんにとって一番大事なことは、自信を持つことだと思います」 そういわれました。 でもこれは僕が以下の記事でも書いたとおり、非常に難しいです。 risrpd.hatenadiary.com もともといわば舞い上が…

統合失調症患者の一日の中には必ず波がある、大事なのは耐えるときは耐えること。

長年の僕の経験からいうと統合失調症患者は一日に波があります。 なんでもない景色が不快だったり苦痛だったりします。 不快は妄想から来る人もいるでしょうが、僕はなんかそわそわするんですね。 景色が色褪せていくように、行動のひとつひとつが虚しさを帯…

レアル優勝、審判の判定も含めて鹿島に足りなかったもの。

結果としてはレアルが優勝した。 しかももっとも気をつけなければならないロナウドにハットトリックされてしまった。 レアル相手にロナウドに三点決められては、さすがにどんなチームも勝てないでしょう。 それくらいもっとも気をつけなければならない選手だ…

あなたの身近にいる馬鹿にみる、世界の宗教対立がなくならない理由。

なんでもいいです、とにかく最寄りのアルバイト先でくだらない同僚と話をしてみましょう。 彼らには一定の風潮があります。そうです、愚民を愚民たらしめる最大のルール。 それは「自分とは違う価値観の人間には表情や態度であからさまに嫌悪感を示す」 です…

統合失調症患者はどこまで謙虚であり続ければいいのかという難問。

正直、僕がこのブログをスタートさせたきっかけのように精神病じゃない人ってもちろんそうじゃない人もたくさんいるんですが、単純な馬鹿も多いんですよね。で、こう書くとイケダハヤトみたいな炎上芸になってしまいますが、 統合失調症患者はどこまで謙虚で…

アトレティコ戦、鹿島のMVPは曽ヶ端以外ありえない。

アトレティコナシオナル戦。 南米王者であるコロンビア代表の選手を多く擁する相手に鹿島はとちゅうまでほとんど何もできなかった。前半にはいくつか決定的なチャンスも鹿島にはあったが、前半も途中からアトレティコのワンサイドゲーム。 僕がこの試合をず…

統合失調症患者が考える今年一番良かったこと。

再発しなかったこと。 これに尽きると思います。 正直、生計の収支はめちゃくちゃです。でもちらっと通院している病院できいたことなんですが、 破産していてもふつうに通院できて小康状態を維持している患者さんはたくさんいる、とのことです。 そして、先…

あべりょうのyoutube広告が秀逸すぎる。

独房ワンルーム あべりょう ビルが好き あべりょう 風刺にしては、メロディアス(笑) 僕はこの曲調とイラスト好きです。 皮肉っぽさをうまく整合したようなかわいいでもなく、いびつでもなく、ただ好きなようにあらわしたら、こういうふうになったみた…

ほりえもんとひろゆきの対談本を読んだ。

ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~ 作者: 堀江貴文,西村博之 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/10/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る これ、なんか拍子抜けしましたね。 どんな…

年末は一瞬なにもかもオワコンになったように思えるから不思議だ。

なんかみんなどこか遊びにお出掛けする格好をみると、 「明日も会社行くんですか?」 みたいにみんななんも必死にがんばらないように思えるから不思議だ。 ほんとうは明日の仕事のために今日早く寝るという人もたくさんいるだろう。 でももうみんな仕事しな…

こてこて理系よりもなんちゃって文系の方がファッションがおしゃれな理由。

理系の人の特徴です。理系でその分野で優秀であればあるほど反比例するように身なりには無頓着になります。いわゆる博士の普段着のイメージですね。頭が爆発していて、小太りで、着の身着のままのような服を着ている。 でもそんな優秀な人は一握りです。多く…

寝袋で熟睡するためにはテクニックがいる。

僕は家具が嫌いです。三島由紀夫が言っていましたが、「家具を買う」という言葉を誰かからきいたとたんに嫌悪するのだそうです。 その真意は、家具とかそういうものを購入する算段のうちには「生活」というのが視野に入っているからだと予想します。 ほんも…

どんな人にも「文化的雪かき」の個人版の役目を果たしている対象がある。

僕は最近、このブログで書いていたように本を買うのが馬鹿らしくなって買ってなかったんです。僕は本を読むのが速いので、聖書あるいはプルーストの本みたいによっぽどの分量でなければ、大体、買って一日で読み終えます。 それがなんだか虚しいように思えて…

鹿島優勝は、完全に浦和の槙野と武藤のミス。

サッカーってどきどきしますね。 僕はもうずっとスペインリーグをwowowで見続けていた時期もあるし、セリエAはあんまりないんですが、BSでプレミアリーグを放送していた時期はほぼ毎週サッカーを観ていました。 このところJリーグは観ていなかったんですが、…

12月は気分がいい。

年が終わる月っていうのがいい。 僕は犬部屋で、こんな朝方に、12月の良さをかみしめている。 ファンヒーターが温かく、開いている窓からの風が冷たい。 そういえば、昨晩は、マンションの敷地内で誰かと誰かがいがみあっているような声がした。 そういう人…

社会は二元論の間をただ揺れ動いているだけ。

図書館に行ってきたんですが、河合隼雄の本を読んできました。 で、ぼんやり、立ち読みしていたんですが、ふと、書棚をみわたすとありとあらゆる言説にあふれている中で、自分が宙に浮いているような感じがしました。 この状態がいいんだなあと虚しさをかみ…

『ベイマックス』と『ズートピア』を観た。

ベイマックス 本編プレビュー映像 『ズートピア』予告編 どっちも展開がいっしょなんですね。 僕はISIS編集学校というところでこういう作品の構想のテクニックみたいなのを学んだことがあるんですが、 一応、理論みたいなものがあるみたいなんです。 人間は…

ジーンズを履いたまま寝るメリット。

僕はズボンの中でデニムが好きなんです。寝る前に脱いでスウェットパンツになんかはきかえるときに寝るときもはいていたいなと思ったりします。 耐性が強い服が好きなんですね。で、それを百パーセント生かしたい。 よくデニムブランドのCMで、いかにタフか…

今の時代、待って得することなど何もない。

誰かが指摘していましたが、日本人は長蛇の列を厭わなすぎる民族だそうです。 僕もそれをよく実感します。 青山とか表参道のあたりを数十メートル歩けば、流行の店、テレビとかで紹介されたような店に、必ず行列ができています。 メディアに掲載されたラーメ…

ジェイソンで買った灰皿がめっちゃおすすめ。

喫煙歴も10年も超えてくると、これまでは灰皿なんて消耗品だからなんでもいいと思っていたんですが、たまたまディスカウントショップのジェイソンで800円くらいでカー用品のところで売られていた灰皿がこれなんですが、素晴らしいです。 正直、このLEDライト…

『インターステラー』を観た。

映画『インターステラー』スペシャル映像【HD】2014年11月22日公開 付言すると、「肝心なところで何の演技もしていない」と評した映画評論家の人とかいるみたいですが、この批評はどっちかというと、優れているところを若干軽視したところの批評のように僕に…

現役の成功者は歳をとっても柔和にならず、怒りもエネルギーの源。

星に願いを、いつでも夢を 作者: 村上龍 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2016/11/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ひさしぶりに村上龍を読んだ。僕は良質な文化をこの人から学んだ。 村上春樹でもなく村上龍が間違いなく入口だっ…

映画『犬神家の一族』は最後まで観れなかった。

犬神家の一族 - Love Ballad - Yuji Ohno 漫画『金田一少年の事件簿』の世代ですからね、僕は。 もちろんこの映画の方が歴史があるわけですが、 新しく出たものの方が優れているというかそっちでもう十分という作品も あるのを知った。 大体、リアリズムの作…

美輪さんが唱える正負の法則対処法「負の先払い」とは善き知性を手に入れるということである。

実は最近良く思っているんですが、「これはこういうこと知らなかったらただのラッキー!だと思って正負の法則でいうところの正が突っ走る可能性あるなあ」と。 どういうことかというと、 話を単純化すると、どこかの島(沖縄の離島とか)からやってきた人が…

人間は何か強制力があった方が堕落せずに済むが強制力とは。

僕は自分でもよく自覚している通りかなりルーズな人間で、昔から女の子とかにも「○○くんってすごい面倒くさがり屋だよね」と言われてきた。 だがこの面倒くさがりは、効率的に何かを成し遂げたいと思ったときに性格が加担し有利に運ぶ場合がある。 僕が2007…

映画『ひかりのまち』を観た。

Michael Nyman: Franklyn (Wonderland) いかにもカンヌ出展作品。 ロンドンの街並みが堪能できる。 でもそれくらいかなあみどころは。 奇抜なところもなく音楽も柔和で俳優たちは素朴。 あ、でもいわゆるロンドン英語は楽しめます。 ピーターグリーンナウェ…

創造の快楽はささいなものでも生きる糧になる。

目の前にみかんがあったとします。 このみかんが三個あってみかんがそのときちょうど食べたいときで食べられる場合、三個一気に食べてしまいます。 これが一個だとどうなるか。一個しかないなら一個で十分だなと思い、みかんを買い足しに行くことはありませ…

日本のサッカーが異様につまらない。

そういえば以下の動画。 【海外サッカー】レベル高すぎ!異次元の練習風景集 僕はこれをみて日本は一生世界に勝てないじゃないかという戦慄を覚えたことがあるんですね。 この動画の練習風景は日本ではみられません。なんでかというとこういうサッカーを体得…

コートなどのアウターが不要な気がした。

今日、都内のショッピングモールにいたんですが、まだ冬が来ていなくそんなに寒くないというのもあるんですが歩きながら、いわゆるコートなどのアウターって僕の場合、いらなくね? と思ってしまったんですね。ショッピングモールでは結局、石焼ビビンバを食…

いじめられていたあの子は大人になった今、幸せそうにいつもニコニコ歩いている。

僕は地元を離れていた時期が長かったので、今住んでいる地元にそんなにたくさん知り合いがいるわけではないんですが、 僕だけがきっと覚えていて向こうはこっちの名前とか顔を忘れてしまっているだろうという同級生をたまにそのへんの道とかで見かける。 話…

映画『タンポポ』を観た。

映画「タンポポ」 たんぽぽに拍手~! 伊丹十三作品を初めてみた。山崎努が昔はイケメンだったのと(今でも渋いおじさんですが)、あの『ベニスに死す』のパロディ(実際『ベニスに死す』と同じBGMが流れる)みたいなシーンが個人的にはそこまでだった。

『(500)日のサマー』を観た。

(500)日のサマー 下馬評に反して、個人的にはそこまでだった。20代だったら楽しかったかも。淀川長治が口を酸っぱくして説く”映画の詩”があるかないかといえば、この作品にはあったけど単純すぎるストーリーをやや複雑にしたくらいでやはりイージーな作品で…

民放のアナウンサーはたくさん子供を産んだ芸能人のニュースに「少子化に貢献してますね」とかコメントしちゃう。

アナウンサーって正しいことしか言わないというイメージがある人もいるかと思うんですが、さっきテレビつけたら、猿っぽい顔の耳がちょっととんがって出てる男のアナウンサーが、元モーニング娘のタレントが第四子出産というニュースに対して、 「少子化に貢…

男の結婚適齢期は40歳。

結婚が自衛のためだというのは多くの識者が感じている通りです。 自分が病気になったときに助けてくれるパートナーがいたらそっちの方が確かに生存率は高まるでしょう。 独り身で一人きりで生きて死んでいくのはパンクかもしれませんが背に腹をかえられない…

強盗をするくらいなら借金をした方がいい。

日本人はみんなお金っていうと大切な大切なものって考えがちですが、僕も低賃金の肉体労働をやっていたときのまわりの同僚だったりをみていて知ったことは、 低賃金で収入が少ない人ほど、お金をケチりやすいという傾向があるということです。 そしてそうい…

優れたデザインというのは誰かの幸せにつながるか。

東京デザイナーズウィークの展示会で子供が事故にあいましたね。 死んじゃったみたいですが、この子がなんの犠牲者なのか僕にはよくわかりません。 たとえば飛行機事故の被害者。これは資本主義の犠牲者です。死んだことによって飛行機やそのまわりの環境は…

『となりのトトロ』はコメディ。

さっきまで民放のテレビで『となりのトトロ』がやっていたんですが、ジブリ初期作品だからかそういう戦略なのかよくわからないですが、この映画の本質は、サツキとメイの横ににゅっと現れるトトロのあの一コマに集約されています。 むしろそれ以外あんまりみ…

自分の欠点をユーモアを交えて話せない男は。

欠点をユーモアを交えて話す男はモテる。 そうなんだろうと思います。欠点はみんなあるものと思っていてもいざ指摘されるとそのときの気分によってはなんだか落ち込みますよね。 でもだんだん歳をとるにつれそういった気苦労はどうでもよくなってくるときが…

青空文庫と図書館は最高だ。

僕はもうあんまり本にお金をかけるのはやめようと思っています。というのも住んでいる街の図書館が改装移転し、蔵書の数も増え、利用可能時間帯も長く、とても便利になっていたのと、青空文庫が神だからです。 今学生でもしこれから文学部なるところに入りた…

至上最高の恋愛ものはこれで決まり!

個人的には順不同で映画『タイタニック』、映画『ブロークバックマウンテン』、小説『潮騒』だと思っています。 他のは恋愛ものでもちゃらかったり、病気で死ぬ、車の交通事故で死ぬなど悲劇があからさまだったり、あとはちょっと玄人好みすぎるな、というの…

一等安全な場所から群衆を眺める。

ああハロウィンが終わってしまいますねー。 僕は盛り場などには赴くことがほとんどないんですが、そういうみんなが楽しい楽しいイベントに参加しているのを遠くから眺めたりするのは好きだし、あるいは3.11のときのような震災のときに電車がとまって街で立ち…

日本に原爆が投下される前にその実験で死んだアメリカ人女子高生がいた。

はじめてのサイエンス (NHK出版新書 500) 作者: 池上彰 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2016/10/07 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 素晴らしい本ですね。はじめて、とうたってますが、もうすっかり理科系のことなんて覚えていないーという僕…