がんばれないひと。

統合失調症歴9年。34歳男の雑記です。統合失調症の能力を示すのが目的です。

短編小説『憧れの風俗嬢』を書いた。

『憧れの風俗嬢』 都会といえば都会、場末といえば場末。田舎ではないが、洗練された土地ではない。三十の頃、私は職業訓練校に二ヵ月間だけ通っていたことがある。ウェブデザインという名のついたクラスであった。何をするかといえば、Adobe社の有名ソフト…

統合失調症と成長もしくは向上。

伊藤忠かなんかの丹羽宇一郎さんが、どこかの本で「仕事でしか人間的成長ははかれない」と言っていましたが、疑問符がつきます。 松本人志はどこかで「俺は禁煙しているけれど、かと言って喫煙者に禁煙した方がいいなんてアドバイスしたことがない。煙草なん…

統合失調症と正負の法則。

さて、統合失調症は孤独に耐えられる我慢強さが必要と書きました。 でも実はこれだけだと実に簡単なのです。 耐えていればいいだけですから。 僕はいつも思うんですが、"これだけやっていればいい"というものは人生において一つもありません。それがたとえど…

統合失調症はマイペース。

今日病院に行ってきたのですが、 担当医にあれこれ現状を話してきました。 もっと人間としての社会的活動を活発にしたい。 そうリクエストしたところ、きっぱりと 担当医は、私は今のままで良いと思います、とそう言いました。 僕はその意見に従うまでです。…

性欲をコントロールする方法。

一番の前提としてあるのは、 セックスで射精するのと、オナニーで射精するときの脳内が感じている快楽の度合いは同じである、というのに尽きます。 セックスしたいなぁと感じるの脳の部分と実際に行為をしているときに感じる脳の部分は別の場所のようです。 …

ヒューマニズムと批判。

ヒューマニズムの思想の持ち主が何かについて批判をするのは、矛盾です。 ヒューマニズムというのは、フェリーニの映画『道』にある、「この小さな石ころでも何かの役に立っているんだ」という言葉に象徴される精神です。 もしその立場に究極的に立つと、ど…

外見だけはどんなに人を馬鹿にしてもいい。

メンタルを強くする際に、人を見下して生きていると自然と自信が生まれ強いメンタルを持てると言われます。 ただこの方法には問題があります。 傲慢になりはしないか、というものです。 それをも全てコントロールしてやれる自信のある人はいいですが、なかな…

統合失調症と結婚。

統合失調症患者の結婚は、相手に理解がある場合のみ合理的。というのが結論です。 その理解には、もしかしたら生まれてくる子どもが同じ病気にかかる可能性がある、というのも含まれています。 僕の場合は、こんな風に考えています。 つまり、統合失調症患者…

SNSは承認欲求のコンビニ化。

僕はSNSに救われたな、とつくづく思います。僕がもし発症した当時にSNSが今の時代のように発展していたら、発症を免れたかもしれない、とさえ思うことがあります。 まあ病気は性格や遺伝もあるそうなので一概に環境だけが良くなっても発症はしていた可能性は…

身近な生活の中にある臨機応変。

サッカーが好きなのでサッカーの話から入ると、 サッカーって技術があってなおかつ臨機応変さがあるプレーヤーが活躍するスポーツです。 象徴的なのはPKでしょう。 遠藤保仁は、相手のキーパーが倒れたあと瞬時に逆の方向に蹴る臨機応変さで、 PKの名手と言…

充電できない充電ケーブル。

よく純正のケーブルでないと スマホはダメと言われますが、 僕はあれ、信じていなかったんですね。 昔、パソコンを半自作したときに例えばCPUのところでメーカーの保証がないと言われるものでも、動いた記憶があってとにかくパソコンや周辺機器に関して、純…

結局どんな高尚な人間も俗物に救われる。

一般的にテロリスト、アラーの教えに沿って自滅すれば天国に行けるという過激派は、その根っこにある思想は、ちゃんと読んだことないけど、マックスウェーバーのプロ倫、あの資本主義社会が発展したのはプロテスタント流の合理にあったと説明する趣旨と、大…

新幹線の喫煙ルームにある未来。

僕はかれこれ10年以上煙草を吸っていて最近は最寄りのセブンイレブンに売っているゴールデンバットを1日二箱いくかいかないかくらいの量で推移している。 本題だが、僕は居酒屋とかレストランとかその他今まで灰皿が置かれていた店は、ちょうど新幹線の喫煙…

統合失調症患者の幸せ。

統合失調症というのは国や民族の違いなく、百人に一人という割合で発症します。 先日友人に、日本はまだまだ病気に偏見があっていづらかったら外国に行くという手もあるね、みたいな話をされました。 僕はそういった行動には慎重です。 確かにまだ偏見自体は…

統合失調症の住まい。

引っ越しました。市から引っ越し代は出ます。僕の場合、家賃65000円のところから43000円(共益費含まない)のところ、つまりいわゆる高額物件から安い物件に引っ越すという転居指導の範囲で条件が合い、引っ越せました。以下、統合失調症患者が住まいを探す…

統合失調症の生き方。

僕の場合。34歳独身柴犬飼っている男です。統合失調症を発症してそろそろ10年経ちます。この10年のことや近況や思っていることを交えて、同じような病の方や統合失調症についてよく知らない健常者になんらか参考になれば、と思って書きます。 お金にまつわる…

僕がサッカーを観る理由。

サッカー選手をたくさん知っているから、サッカーを観るのではない。 サッカーの戦術を楽しみたいがためにサッカーを観るのではない。 サッカーが上手い選手の技術を観たいから。これは理由のうちの一つ。 だけどもっと大きなサッカーを観る理由がある。 そ…

やり続けて得するのは読書だけである。

スポーツはやり過ぎると死んでしまうこともあります。サッカーの松田直樹みたいに。 勉強はやり過ぎるとよっぽど才能がない限り、世間知という意味でバランスに欠けた人間が出来上がります。 セックスやオナニーは一見大丈夫そうですが、あんまりのめり込む…

『つげ義春の美なんて知らない』。

昼間、太陽が眩しい。眩しさが、羨ましい。明るさが、時に憎い。 あの公園を通るときの真昼の憂いときたら! タバコを吸うだけさ。夢に向かって煙を吐く、それだけのことさ。 桜に、桜に、人がたくさん。 笑顔いいね。みんなと同じ形、色、素材の服装いいね。

映画『ラッキー』を観てきた。

手帳を使って行ってきましたよ。 なんだか著名人からのコメントがいっぱいある話題作です。 日経新聞にも紹介されていました。 半年ぶりくらいに映画を観たんですが、 のめり込んで観ましたね。 でも観終わったあと、虚無感というか こういう映画に憧れると…

サッカーはメンタルじゃない技術だ。

マリ戦観ました。 ネットで釜本氏の記事も読みました。こちらは一年ほど前のものなのですが、 日本が決定機を逃したり弱いのは、 日本という国に流れている血が、 農耕民族であるから、という説明があります。 いわく、欧米は狩猟民族で、つまりは 今日獲物…

誰かに頼る勇気、努力。

最近、新聞でニュースを読んでいて一番心に残ったのは、ある事件の裁判官のタイトルに挙げた言葉です。 確かワンオペ育児で疲れ果てた母親の子供との無理心中。 で、母親だけ生き残ったという事件だった。 母親は昔から自分が思っていることを素直に言えない…

中村天風の言葉の中で唯一僕が信じているもの。

中村天風といえば自身が医者で当時不治の病だった結核を治すために秘境みたいなところで修道僧に出会い自分で病気を治し長生きしたすごい人みたいなイメージですね。 僕は何冊か本を読んだのですが決して真理を語っているとは思いませんでした。 僕は統合失…

【掌編小説】『海の不在』を書いた。

『海の不在』 その海岸は私が物心ついてからずっとその位置にあった。その位置というのは工場地帯の一角である。私は統合失調症を発症してから一度そのあたり、つまり物流会社などがある、トラックの排気ガスがもうもうとしているあたりに、ある夏の暑い日に…

無知の知の法則は最強だ。

僕は人を判断するときに、ある法則を重んじます。 それはその人が、自分の立場に誇りみたいなものを抱きすぎた言動をしていないかどうかです。 僕は、サルトルが、ノーベル文学賞を受賞したのを辞退したときに言った言葉を重んじます。 「人に賞を与えること…

【短編小説】『統合失調症の恋人』を書いた。

『統合失調症の恋人』 私は現在、34歳である。これまで3人の恋人がいた。4人目の恋人は、服だった。狭い待合室に並んだパイプ椅子。順番待ちをしていると、ドアの向こうからお入り下さいと声がかかる。ここは田中クリニックというメンタルクリニック。今は…

頭がいい悪いとは結局人間を俯瞰して見れるかどうか。

人間は生きていつか死ぬ。 生きるために必要なものはこの成熟した現代の日本では、その哲学を毎日意識しているかどうか、それだけのように思う。 義務教育を終えたらあとは余生。誰かがそんなことを言っている。 あながち間違いではない。 義務教育を終えた…

洗濯と掃除が好きだ。

料理が好きな人でも皿洗いが嫌いな人はいる。前にどこかのなんかの記事を読んだのだが、要するに料理はクリエイティブで皿洗いは単純作業だから、という理由があるらしい。 だが僕は常にクリエイティブでありたい、と思う人こそ、単純なアナログ作業を一日に…

phaさんと僕。

phaさんにはシンパシーを感じていた。 phaさんがニートの歩き方を出した34歳がちょうど僕の今の年齢だ。 phaさんと僕には共通点があるが違うところもある。いかに羅列してみようと思う。 ・京大と名大 ・サラリーマン時代の貯金が四百万は一緒。その後のニー…

正負の法則の正の捉え方。

僕は運不運にことさら病気になってから敏感なんですよね。 結構自分の身に降りかかるストレスってコントロールできないものが多すぎると思うんです。都会の現代だと。 で、前にも書いたかもしれませんが運つまり正負の法則でいうところの正に値するものは二…